心付けについて

結婚式を迎えるとき、

会場スタッフや受付を頼む友人たちへの心付けの準備

どうしようかなと思うところだと思います。

心付けについての考え方は様々かと思いますが、
これまで一緒に準備して下さった方への感謝の気持ちと
今日はこれからよろしくお願いしますの気持ちを伝えるものです。

決まりではなく、キモチです。

ちょっと迷った時に、参考になればと思い、
お心付けについてまとまてみました。
お役に立つことがあればうれしいです。
↓↓↓
http://www.ams-kyoto.jp/kokorozuke.htm

心付けについて


スポンサーサイト

ファースルック ・ ファーストミート

ファーストミート(first meet)、ファーストルック(first look)は、
結婚式当日、新郎新婦が別々の部屋で身支度をし、
挙式の前にウエディングドレスなどの姿でその日初めて会うこと。

アメリカではファーストルックと呼んでいるようですが、
日本ではファーストミートと呼ぶことが多いようです。

ファーストミート・ファーストルックについてこちらにまとめてみました。
↓↓↓
http://www.ams-kyoto.jp/first_meet.htm

結婚式で新婦が入場してきて、
その花嫁姿を新郎が初めて見ることを
ファーストミートと呼んでいることもあるようですが、
実際には別々の部屋で支度をして、
挙式の少し前にお互いに初めてウエディングドレス姿などを見せ合い、
ふたりの時間をとっていることが多いようです。

先日担当した結婚式でも、リハーサルの前に
新郎様がチャペルで支度を終えられる新婦様を待ってらっしゃいました。

どんな花嫁姿になって彼女が現れるのか
花嫁姿を初めて見たときに彼がどんな顔をするのか
お互いドキドキ楽しみですよね。

私が以前勤めていたところは、
新郎様の着替える部屋があり、着替えた新郎様が待つ場所があり、
そこで支度を済まされて出てくる新婦をお待ちいただいていました。

後ろからトントンと合図されてとか、
名前を呼ばれて振り向いて見ることはなかったけれど、
着替えを済まされ出てくる新婦様を、初めて見る新郎様は
幸せそうに見つめて迎えてらっしゃったのを思い出しました。


ブライズメイドが増えている

結婚式の時、花嫁・花婿の傍で新郎新婦の
サポートをするアッシャーやブライズメイ
ドを結婚式に取り入れられている結婚式が
増えているなと実感しています。

外国の写真みたいに、みんながお揃いの
ドレスやタキシードを着て、ということは
なくても、ブライズメイドやアッシャーの
役割を託されたお友達がいらっしゃること
以前より多いです。

教会式でされる方もいらっしゃるし、
人前式の場合は指輪交換や署名の時だけで
なく、誓いの言葉の時にお手伝いされたり
もしています。

また、ブライズメイドとアッシャーの役割
や入場退場の仕方
について説明のために
作ったページの閲覧数が1年前に比べると
4割増しなんです!

ということは、それだけブライズメイドや
アッシャーに興味のある方が多いってこと
なのではないかと思っているこの頃です。

ブライズメイドやアッシャーの役割と進行
についてはこちら。ややこしいことは全然
ないのだけど、きっとご参考になると思い
ます。
↓↓↓
http://www.ams-kyoto.jp/bridesmaid_usher.htm

是非ご覧下さい。

今までブライズメイドやアッシャーがいる
結婚式を見ていてもよかったなという印象
があります。
準備やリハーサルなど多少することは増え
るけど、その分みんながつながっている感
が感じられるのかな。


アッシャー

アッシャー(usher)は英語の辞書によると教会や劇場の案内係。
結婚式では新郎の付添い人のことをいいます。
新郎の近くにいてサポートする役目で
グルームズマン(grooms man)ともいいます。
また、そのリーダーをベストマンと呼びます。

アッシャーはウエディングアイルランナーをセットしたり、指輪交換を
行うまで指輪を持っていて指輪交換の時に手伝うなど、結婚式の
セレモニーの間に立会い人としてだけではなく式の手伝いもする役目。
中でも一番大きな役割は花婿のすぐ近くにいて見守ることなのでは
ないかと思います。

〈アッシャーの人数と衣装〉
アッシャーの人数に決まりはありませんが、新婦の付添い人である
ブライズメイドと人数を合わせることが多いです。
新郎新婦を中心にして両サイドにアッシャーとブライズメイドガ3~5人ずつ
並んでいる写真をよく見かけますが、

ブライズメイド1人、アッシャー1人
ブライズメイド3人、アッシャー1人

というスタイルもありました。
衣装もスーツを着られていることが多いです。

また、ブライズメイドやアッシャーは実際には未婚、既婚にとらわれずに
頼まれている新郎新婦さんも少なからずいらっしゃるように思います。

結婚式という人生の中の大切な瞬間に、より近くにいて欲しい大切な
兄弟姉妹やお友達がいらしたら、ブライズメイドやアッシャーとして
結婚式に加わってもらえたら、より感動的で思い出に残る結婚式になる
のではないかと思います。

アッシャーは結婚式のセレモニーが始まるまで新郎と一緒に
教会(または式をする会場)の前方で新婦の入場を待ちます。
セレモニーの間は新郎の横に立っていることが多いです。
結婚式が終わって新郎新婦が退場するときには、新郎新婦に
引き続き退場します。

アッシャー(グルームズマン)やブライズメイドの入場・立ち位置・退場について
詳しくは→こちら


フラワーシャワーのコーンカップ

結婚式で人気の演出
フラワーシャワー

フラワーシャワーの時って
みんな楽しそう、幸せそう。

結婚式での緊張が解けた
新郎新婦様の笑顔と
おめでとうの気持ち伝わる
ご列席者のみなさんの笑顔が
あふれてくると思います。

そのフラワーシャワーのための花びらは
結婚式の後にお一人ずつ手のひらに
お渡しすることが多いです。

が、

こんなカップを使ってお渡しすることも
ひとつのアイデアです。

フラワーシャワーのコーンカップ

前もって人数分に分けて準備をして
おけるので、足りるか心配して無駄に
たくさん準備しなくていいにメリットが
あります。

お一人の量をたっぷりにしたい時は
大きめのカップを準備しておけばOK。
片手にお渡しできるので、
そういう時はなお楽になります。
両手いっぱいに受け取るのって
バッグもってたりすると不便なものです。

簡単なものですが、
手作りフラワーシャワーのコーンカップの
作り方などこちらにまとめました。
↓↓↓
http://www.ams-kyoto.jp/flower_shower_conecup.htm

フラワーシャワーのコーンカップ小分けカップ

カップの中身はパール付きフェザーに
ローズペタルをプラスしたフラワーシャワー
オリジナルピンクブレンドです。
↓↓↓
http://www.ams-kyoto.jp/pearl_feather_toppage.htm#petals plus