FC2ブログ

うれしいお便りが届きました!

笑顔あふれる結婚式の写真が届きました!
新婦様の手には、ジャジャン!水引ブーケです。

水引ブーケ花タイプゆき2019

お着物にすごく合っていて式場のスタッフさん達にも誉めて頂いたそうです。
こんなブーケあるんだとみんなびっくりされていたと伺いました。

こんなうれしいお言葉と幸せそうなおふたりのお写真を拝見していると、こちらも幸せな気持ちになってきます。
アムズの水引ブーケを気に入って事務所にもお越しくださり、お話した日のことを思い出します。楽しかったです。

結婚式という人生の大切な記念の日のブーケにアムズの水引ブーケを選んで下さって本当にありがとうございました。
きっと明るいご家庭を築いていかれることと思います。おふたりいつまでも仲良くお幸せに。


アムズの水引ブーケは水引職人さんの手作りの品。
ブーケを全て水引で制作しているひとつのアート。
軽くて持ちやすく、美しいまま長く保存のできるところも魅力です。

最近では、水引細工が作れる職人さんが少なくなってきています。
伝統の技で作られた和のブーケ。ご記念にいかがでしょうか。

水引ブーケはコチラへどうぞ
↓↓↓
http://www.ams-kyoto.jp/mizuhiki_toppage.htm


スポンサーサイト

小さなりんごプレゼント中!

インスタ映えもバッチリ!の会場装飾・演出小物アイテム

ウエディングツリー3D

ウエディング情報誌で紹介いただいたこともあります。

ゲストのみなさんにツリーにリーフを付けて茂らせてもらいます。
リーフにはお名前やショートメッセージを書くことができます。
どんなメッセージか楽しみですね。

また、記念のウエディングツリーの台座には記念日とおふたりのお名前を刻印したプレートを打ち付けられるようになっています。
人前式の中で、木槌を使っておふたりでコンコンとプレートを付けることができるのもセレモニーらしい演出です。

ウエディングツリー3Dの基本セットにはツリーやその台座、木槌やペンもセット。
プレートには記念日とお名前を刻印し、打ち付けやすいように準備してお届けします。

ウエディングツリー3D立体タイプのウエディングツリーです

そして、できがったウエディングツリーに彩を加えるのが小さなりんご。
赤いりんごも飾るとかわいさアップ。


ウエディングツリーりんごの飾りプレゼント

ただ今、ウエディングツリーの基本セットをご購入くださったお客様に、りんごの飾り8個プレゼントしています。
りんご好評で補充しました。

ウエディングツリー3D 詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
http://www.ams-kyoto.jp/wedding_tree_3d_toppage.htm


唐草模様

唐草模様はご覧になったことのある方は多いと思います。

日本には着物などに伝統的に使われてきた和の柄がありますが、
唐草模様もそのひとつ。

唐草模様について

この模様は泥棒が背負っているイメージを持たれてしまっていますが、
実は、つる草がどこまでも伸びる様に由来した日本の伝統的なおめでたい模様です。
子孫繁栄や延命長寿の願いが込められているのだそうです。

では、なぜこの唐草模様=泥棒が背負っている風呂敷の柄となったのか。
テレビ番組でそのことが解説されていて、へぇ~と思いながら見てました。

子孫繁栄や延命長寿の願いが込められたこの唐草模様の風呂敷は、嫁入りの時に持っていき、箪笥の一番下の引出しに入れておかれていたそうです。
泥棒は盗みに入ると箪笥の一番下の引出しから物色していくらしく、最初に出てくるのがこの唐草模様の風呂敷。
これは便利と泥棒がこの風呂敷を使って盗みを働いたことから、この模様には「泥棒」というちょっと変わったイメージがついてしまったということでした。

アムズでご用意している巻物帳にもこの唐草模様があります。
他には桜の柄やおめでたい鶴などが描かれたデザインがあります。

芳名帳としてお使いいただけます。
また、人前式で誓いの言葉を書く巻物としても使えます。

巻物帖はこちらから
↓↓↓
http://www.ams-kyoto.jp/makimono_cho.htm

巻物 友禅和紙巻物帖 芳名帳


桜のフラワーシャワー

桜前線が気になる頃になってきました。

ということで、今日は桜の花びらを使ったフラワーシャワーを紹介します。

桜の花びら(アート)に白いパールフェザーがミックスされた桜のフラワーシャワー

桜の花びらのフラワーシャワー さくら吹雪プラス


さくら吹雪プラス
です。
1ボックスにさくらの花びら約600枚、白いパールフェザー60枚、葉(アート)20枚が入っています。

ピンク色の桜の花びらがひらひら舞う春らしいフラワーシャワーはいかがでしょうか。

さくら吹雪プラス
↓↓↓
http://www.ams-kyoto.jp/pearl_feather_toppage.htm#sakurafubuki


貝合わせを使ったセレモニー

「貝合わせ」はご存知でしょうか。

貝そのものの美しさを競うことから、平安時代の後期にはばらばらに置いた一対の貝殻を当てる遊びとなった貝合わせ。
蛤(ハマグリ)の貝殻の一対は決して他の貝殻と合うことがないことから、江戸時代には夫婦が添い遂げる縁起物として婚礼調度の中でも最も重要な意味を持つようになります。

現在では雛人形の道具の一つとして飾られています。
3月3日の桃の節句にもゆかりのあるもの。

その縁起物「貝合わせ」は結婚式で愛を誓う儀式と使われることがあります。
その一対でなければ、決してぴったりと重なり合うことのない一対の貝。
唯一の人に出会ったことに感謝して、ひとつに重ねるセレモニーです。

ハワイで貝合わせの儀

アムズの「貝合わせの儀」には誓いの言葉を書ける巻物と貝を納める貝桶もセットになっています。八角形にもこだわって貝桶を作っていただいています。

和装の人前式はもちろん、神前式で結婚式をされた方が披露宴の中で使われることもあります。
誓いの言葉だけではちょっともの足りない人前式にプラスしてみられてはいかがでしょう。

「貝合わせの儀」詳しくは下記よりどうぞ
↓↓↓
http://www.ams-kyoto.jp/kaiawase_toppage.htm