お地蔵さんと天使の心

京都市役所前の地下街 Zest御池 に
こんなお地蔵さんが並んでます。

おぼこいけず地蔵顔

おぼこいけず地蔵。

作者は城たいが氏。

いけず地蔵の頭をなでてから、おぼこ地蔵の頭をなでると
頭がよくなって、性格もいけずからおぼこになれるらしい。

このお地蔵さんをみていると
「おぼこ」は 単に「幼い」という意味よりも
「汚れがない」といった意味のように思います。


おぼこいけず地蔵


おぼこ
いけず

読む方向をかえると・・・

おい ぼけ こず

とも読めるんですよ。


お地蔵さんと一緒に「天使の心」というタイトルの詩も
飾られています。

必ずなると決意すれば 
自分の中の天使の心が不思議な力を発揮して
人間は何にでもなれる

そんな詩。

お地蔵さんと天使

ちょっと?な組み合わせに思えますが、ま、
どっちもかわいらしくて明るいです。

決意して夢を叶えたい。
叶えよう。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)