水車カラクリ

お盆も過ぎて、京都の送り火も終わって
こころなしか涼しく感じるようになりました。

8月は鹿児島の実家へ少し帰省しました。
鹿児島といえば、今、桜島の噴火がとても気になるところ。
鹿児島ではずっと火山情報がテレビに映し出されていました。

さて、鹿児島滞在の少しの時間でしたが、
今回は「知覧」へ行きました。

特攻の基地として知られる町ですが、
知覧特攻平和会館のお隣には「ミュージアム知覧」という
南薩摩と知覧の歴史や文化を観ることができる博物館がありました。

で、その中で目に特に目が留まったのが、

水車カラクリ

水車の動力を利用したからくり人形です。

水車動力によるからくり人形は薩摩半島南部の万之瀬川流域にのみに
伝わる民俗芸能だそうで、7月の六月燈の際に知覧の豊玉姫神社で
上演されているようです。

中でも知覧の水車からくりはストーリー仕立てで多くの人形で構成される
特別なものらしく、毎年異なる演目で上演される水車カラクリは知覧の
夏の風物詩なんだそうです。

ミュージアムに飾ってあったのは桃太郎。
博物館の中なのでここは電気で動いてます。

知覧からくり水車桃太郎

桃におじいさんとおばあさんが近づいてきて
おばあさんが桃を割ると・・・

知覧からくり水車桃太郎誕生

出てきた桃太郎が衝撃的!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)