知覧特攻平和会館

この夏は去年は行けなかった
知覧の特攻平和会館に行ってきました。

知覧平和特攻記念会館

特攻戦死をされたたくさんの隊員の方々の読みきれないほどの遺品や遺書や
零戦や実際に使われた戦闘機なども展示されていました。

飛び立つ前に書かれた家族への手紙や遺書。
おひとりおひとりの人生と家族がそこから浮かびあがります。
数々の絶筆に心が苦しくなりました。

会館を出ると蝉の声。
70年前の夏も蝉たちは同じように鳴いていたんだろうなと思いながら
特攻の隊員達の宿舎である三角兵舎を回りました。

知覧帰るなき機をあやつりて征きしはや開聞よ母よさらばさらばと

これは鹿児島の短歌雑誌「にしき江」の主幹であった
鶴田正義氏の歌の碑です。

今年は戦後70年。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)