ジューンブライド

6月といえば“June Bride (ジューンブライド)”
この間何かのテレビ番組でも結婚式の話題になっていました。

“June(6月)”の語源はローマ神話の女神で結婚と女性の守護神"Juno"(ユーノー)。
その6月の女神Junoの月に結婚する女性は幸福になると伝えられていることが
「6月の花嫁(ジューンブライド)は幸せになれる」と言われる由来といわれています。

ジューンブライドなんて

日本では梅雨の季節なのにとか、
ブライダル業界の戦略だ

などと書かれているのを見かけたこともあったのですが、
何だかそんな風に思っちゃうと寂しいなと思います。

確かに気候的にはもっと爽やかな季節はあるけれど、
実際のところ6月に限らずお天気は結局毎週末気になるし、
秋は台風が気になったりということも。

イタリアでは“雨の日の花嫁は幸せになれる”といわれます。

お仕事がいろいろなご事情で結婚式をできる季節もいろいろ。
季節や場所によって結婚式のプランもアイデア次第。
縁起のいいことは味方につけて準備も楽しく進められたらいいなと思います。

幸せな花嫁のための言い伝え
少しでもたくさん幸せな気持ちで結婚式を迎えたい、迎えてほしい
そんな気持ちからかなと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)