ヘイルホーリークイーン(Hail Holy Queen)

もうすぐクリスマス。

クリスマスといえばイルミネーション

ではなくて、

クリスマスといえば教会。
教会といえばゴスペル。

ゴスペルソングは多々ありますが、
ヘイルホーリークイーン(Hail Holy Queen)は
手拍子したくなるような楽しいゴスペルソング。

映画「天使にラブソングを」の中では、
前半の清らかなコーラスの部分から一転、
リズミカルなアレンジで手拍子しながら
楽しげに歌う歌声や姿に魅かれました。

この曲が始まったら、
手拍子して「オー、マリア」と歌いたくなる
そんな明るいゴスペルソングです。

ゴスペルはみんなで歌うもの。
いつの間にかみんなで歌ったり、
手拍子していたりして、
一体感がでるのがいいですね。

Hail, Holy Queen

Hail, Holy Queen enthroned above, O Maria!
Hail, Mother of mercy and of love, O Maria!
Triumph all ye cherubim,
Sing with us ye seraphim,
Heaven and earth resound the hymn.
Salve, salve, salve, Regina!
(歌詞の一部)

ラテン語も入っていてしっかり訳すことはできないですが、
聖母マリアを讃える歌です。

英語の辞書によると、
歌詞の中に出てくるcherubim(ケルビム)とseraphim(セラフィム)は天使のこと。
セラフィムは最高位の天使、ケルビムは第二の位の天使なのだそうです。

同志社クリスマスイルミネーション


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)