重陽の節句

朝晩だいぶ涼しくなり、
いつの間にか蝉の声から虫の声へと
季節の声も移ろってきましたね。

打合せがあって京都駅の大階段の前を通ったら、
階段にイルミネーションで絵が描かれてました。
グラフィカルイルミネーションというらしいです。

重陽の節句京都駅大階段

重陽の節句。

古来中国では奇数はラッキーな数字(陽の数字)。
日本では3月3日の桃の節句とか5月5日の端午の節句ほどメジャーではないですが、
3よりも5よりも大きな奇数9が重なるこの日には、菊を浮かべたお酒を飲んで長寿を祈ったとか。
日本にもこの風習が入ってからは宮中で菊花酒が飲まれていたようです。
菊には延命長寿の効果があると信じられていたからだそうです。

帰り際に振り返ったら、

中秋の名月京都駅大階段

今度は中秋の名月になってました。
ちなみに今年の中秋の名月は10月4日です。

今夜の月は真ん丸ではなっかったけれど、
とてもきれいに輝いてました。

私は月をぼーっと眺めるのが好き。
安らぎます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)