人前式に絆を表すセレモニーを

ユニティキャンドルセレモニーを取り入れた
人前式を担当させていただきました。

ややもすればあっけない印象に陥ってしまいがちの人前式。
ユニティキャンドルセレモニーのように
家族や絆を意味するセレモニーが一つ加わると
印象がグッと結婚式らしくなるように思います。

誓いの言葉も新郎新婦お二人で考えられたもの。
かしこまってない自分達の言葉で綴った誓いの言葉を
声を合わせて読まれる新郎新婦様。
参列の方々から祝福の拍手が自然と起こって、
とても心がほっこりする温かな雰囲気漂う結婚式でした。

この感じやっぱりいいんですよね。
結婚式っていいものです。

さて、人前式での立ち位置について。

キリスト教式の結婚式では新郎新婦は牧師のいる前方を
向いてご参列者には背中が見えるように立ちますが、
人前式での新郎新婦の立ち位置はご列席者の方を向いて立ちます。
でも新郎新婦の右左は変わらないので、ご列席者からみると、
向かって左手に新郎、右手に新婦様が立つことになります。
そして、ご列席者の皆様も席もバージンロードを挟んで左手に新郎様側、
右手に新婦様側となるのが一般的です。

また、新郎新婦は指輪や誓いの言葉を置いておくテーブルの前に
立つ場合とテーブの向こう側に立つ場合があります。
人前式の式次第や会場のレイアウトにもよるし、
どっちがいいとか全くないのでやりやすい方で問題なし。

挙式の時にもずっとゲストの方々の方を向いてるのが
恥ずかしいと言ってた人がいましたが、こればかりは・・・。
人前式でゲストの方に背を向けて誓うわけにはいかないですね。

人前式の演出のご参考にいかがですか?
 
http://www.ams-kyoto.jp/jinzen_ceremony.htm


新郎新婦の右左について書いた以前の記事はコチラ
なぜ新郎様が右に立つのかそんないわれも書いてます
 
http://wawawow.blog111.fc2.com/blog-entry-44.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)