よりよい年でありますように

日本列島を強烈な寒波が襲っていますが、
明日は節分。
暦の上では季節の分かれ目。
冬はそろそろ終わりにして欲しいところです。

さて、節分には子供の頃は家で豆まきしました。
今は豆食べて、恵方巻食べて…と食べることばかり。
恵方巻はいつの頃からかすっかり定着してますな。

ウェルカムドールパンダぬいぐるみ節分

豆をまいて鬼を追い出し、幸せを招き入れる

節分の豆まきはもともと新年を迎えるための行事でした。
というのも、昔の暦では今の節分の日が一年の終わりの大晦日。
翌日の立春が一年の始まる日だったからです。
”鬼は外”
桃太郎や一寸法師の昔から、鬼は悪者の代名詞。
豆にはその鬼を退治する力があると信じられていました。
”福は内”
よりよい年でありますようにと、縁起をかついで、
年男や年女が豆をまき、健康でありますようにと、
栄養たっぷりの豆を年の数だけ食べたのです。
これは、今も変らない、節分のゆかしい習わし。

お豆さんを買ったら、こんなこと書いてありました。

子パンダぬいぐるみ節分

今年も元気でよい年でありますように。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)