G線上のアリア

G線上のアリア こと Air BWV1068 (バッハ)

厳かさが感じられる1曲。

リクエストありまして、
オルガンにヴァイオリンとフルートも加わりました。
ヴァイオリン、フルート、オルガンの音色がチャペルに響く中の
新婦入場となりました。

心落ち着く響き。
名曲だなと思います。

このG線上のアリア、

結婚式以外でも耳にされることも多い有名なクラシック曲です。
今回はチャペルでの演奏でしたけど、もちろん人前式や披露宴でも。

Sweetbox の Everything's gonna be alright とか
Q;indivi の Air on the G string は

このG線上のアリアを元にポップにアレンジされていて披露宴向き。

いろいろな楽器で
いろいろなアレンジで
いろいろなシーンで
ずっと演奏されてきたってのも名曲の証ですね。


新婦入場


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)