婚礼の合唱

Brautchor 婚礼の合唱

ワーグナー作曲のオペラ「ローエングリン」の中の結婚式の場面の曲で
ワーグナーの結婚行進曲とも呼ばれてます。

たしかこの曲はイギリスのヴィクトリア王女の結婚式で使われてから
よく使われるようになった曲。
それまで教会の結婚式では入場曲も賛美歌から選ばれていたようです。

結婚式の入場の曲としてよく使われる定番曲。
キリスト教式でも人前式でも変わらず人気のある曲です。
入場のシーンによく合うまさしく「結婚式」って印象が定着してる曲ですね。

もちろん披露宴の入場でも使えます。
いろいろアレンジされてる「結婚行進曲」もあるので
披露宴は結婚式とは雰囲気変えてみるのもいいかも。

どんな曲だったっけ?という方は

http://www.ams-kyoto.jp/virginload_walking.htm の♪押して下さい。

オルガンで婚礼の合唱(結婚行進曲)を演奏してます。
音楽に合わせてウエディングステップの練習できるようになってます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)