姫の嫁入り道具

もう7月になりましたが、
この間京都駅を通ったら、6月はジューンブライドということで
お姫様の嫁入り道具が展示されてました。

お姫様の嫁入り道具調度品

江戸時代、婚礼は家と家を結ぶ大切なこと。
嫁入り道具は家柄や権威を表すものでもありました。

大河ドラマの「篤姫」でも西郷隆盛が篤姫の婚礼調度の品々を
揃えるのに奔走する様子も描かれてましたよね。

嫁入り道具には全てお揃いのデザインの蒔絵が施されています。
お化粧道具や見台、鼻紙台に双六盤というのもありました。
身の回りに使うものから遊ぶ道具まで、多いときには100種類以上にもなったとか。

嫁入り道具貝合わせ

この展示の中央に配置されていたのは貝合わせ。
立派な貝桶が並んでました。

蛤が一対の殻以外合わせることができないことから
契りの象徴として重視された貝合わせを収めた貝桶は、
婚礼の儀式の第一儀に据えられました。


輿入れ

これはまさしく輿入れの輿。
これに揺られてお姫様は嫁いでいかれたのですね。

その時代事情はいろいろだったでしょうし、
家柄とか権威の象徴とかいわれていても、
嫁入り道具は結局は花嫁の幸せのためを思って
用意されていたことには変わりはないなと思います。

結婚は人生の中でもっとも華やかな節目のひとつであることは
今も昔も変わりません。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)