鏡開き

1月11日は鏡開き。

ということで、ぜんざいです。

ウェルカムドールの子パンダぬいぐるみ鏡開き


毎年「ぜんざい作れ」といわんばかりに
実家からこの季節小豆が送られてきます。
で、毎年恒例のぜんざい作り。
かなり大量にできます。作ります。
だって、私はあんこ好き。

これからの1年の発展と健康を願って
お供えしたお餅をいただくというより、
ぜんざい食べたさに作ってますな。

ところで、「鏡開き」。
私はずっと1月11日だと思っていましたが、
地域によって日は違うこともあるらしいです。

それと、「鏡開き」といって思い出すのは、

ヨイショ、ヨイショ、ヨイショー!

の掛け声とともに酒樽をパーン!と開ける鏡開き。
結婚披露宴でされることもあります。

これは酒樽の上蓋のことを酒屋さんでは「鏡」と呼んでいたからだとか。
(月桂冠さんの鏡開きの由来より)

日本では昔から神事の際に神酒としてお酒を供え、
祈願が済むとその鏡を開いて、参列者でお酒を酌み交わし、
祈願の成就を願ってきました。
これが、今の鏡開きにつながっているんです。

お餅の鏡開きもお酒の鏡開きも
新しいスタートのときに、これからの幸福や成功を
願うということなんですね。

今年も元気に前進できますように!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)