幽霊子育飴

京都に遊びに来ていた友達から京都土産をもらいました。
彼女は京都に住んでる私よりもはるかに京都通。

お土産は、

幽霊子育飴 (みなとや 幽霊子育飴本舗)

京名物幽霊子育飴

東山の六波羅蜜寺、六道珍皇寺の近くにあるお店らしいです。

今は昔・・・と飴の由来が書かれた紙が添えてありました。

慶長4年(というから、今から400年余り昔)、
京都の江村氏の妻を葬って数日、土の中から
赤ん坊の鳴き声がするので掘り起こしてみると
そこには亡くなった妻の産んだ子供が!
それと同じ頃、夜な夜な飴を買いに来ていたが、
子供が掘り出された後には来なくなった婦人がいた。
その子供は8歳で僧となり、修行を怠らず高名な僧となり、
寛文6年3月15日68才で亡くなった。
それからこの飴は誰いうともなく「幽霊子育ての飴」と
言われるようになった・・・云々。

そんなことが書かれてました。

子育て幽霊の昔話は聞いたことがあるような、ないような。

幽霊子育飴黄金色

綺麗な琥珀色してます。
ホンノリ甘い。
麦芽糖で作られた自然なやわらか、すっきりな甘さでした。

それにしても400年の歴史とはスゴイですな。
で、由来って大切なのねーと思ったのでありました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)