結婚式で Let It Go ありのままで に思ったこと

今年大人気の映画「アナと雪の女王」

その主題歌の
Let It Go ありのままで

もかなりの人気。
歌いたくなるのもわかる曲だなと思います。

アナと雪の女王のストーリーから考えて
ちょっと違うだろうなぁとは思いつつも
「Let It Go(ありのままで)」を
結婚式にも使えないかなと
思って歌詞を以前読んでみました。

で、結局、いい曲だけど、結婚式には
不向きな曲だと判断して、提案するのは
やめました。

「ありのままで」と聞くとなんか
結婚式でもよさげな感じですが、

お別れの曲でこそないのだけど
冷たく孤独な世界と、
そこからの解放
私は私、とらわれることなく
自立して自由に生きていくぞ

と歌ったそんな歌だと思うのです。
解釈や考え方はいろいろかと思うけど
結婚式にはなんか違うよな
と私は感じました。

それと、かなりのヘビーローテションで
あちこちで流れていたので、
「もういい、かかりすぎ」みたいな声も
なきにしもあらず。

でも、こんなに流行ってみんな知ってる曲
だと盛り上がりやすいのも確かです。
歌詞が気にならないのなら、
披露宴でならありかもしれません。
好きならその曲が一番だと思います。

で、ふと思い出した曲がありました。
タイタニックのあのMy Heart will go onです。

タイタニックの映画はああいう結末だし、
歌詞も受取り方によっては微妙だと思うけど
My Heart will Go On は愛を歌ってますから
結婚披露宴でもかなり人気がありました。
でも、その逆に「嫌だ」という声もけっこう
聞いた記憶があるんですよね。

おすすめする側としては、
曲選びっていろいろ考えます。

ところで、Let It Go(ありのままで)の
歌詞を英語と日本語読んでみると、
「Let It Go」が「ありのままで」と訳されて
この曲のインパクト上がってるという印象。

ついでに、

映画のタイトルも英語だと「Frozen」。
「Frozen」という単語からも映画の意味が
感じとられるようには思うけど、きっと
「フローズン」より「アナと雪の女王」の方が
子供も大人も見に行く気になりそうです。

言葉って面白い。


Let It Go
ありのままで


降り始めた雪は 足跡消して
真っ白な世界にひとりの私
風が心にささやくの
このままじゃダメなんだと

とまどい傷つき
誰にも打ち明けずに悩んでた
それももうやめよう

ありのままの姿見せるのよ
ありのままの自分になるの
何も恐くない 風よ吹け
少しも寒くないわ
        

The snow glows white on the mountain tonight,
not a footprint to be seen.
A kingdom of isolation and it looks like I'm the queen.
The wind is howling like this swirling storm inside.
Couldn't keep it in, Heaven knows I tried.
Don't let them in, don't let them see.
Be the good girl you always have to be.
Conceal don't feel, don't let them know.
Well, now they know!

Let it go, let it go.
Can't hold it back anymore.
Let it go, let it go.
Turn away and slam the door.
I don't care what they're going to say.
Let the storm rage on.
The cold never bothered me anyway.




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)