ウエディングドレスが白い理由

結婚式の衣装といえば純白のウエディング
ドレスですが、ウエディングドレスに白が
選ばれるようになったきっかけは1840年の
ヴィクトリア女王の結婚式にあります。

ヴィクトリア女王は20歳で結婚をします。
お相手はザクセン=コーブルク=ゴータ公国のアルバート王子。
当時の王室には珍しい恋愛結婚だったようです。
アルバート王子が42歳で亡くなった後、
ヴィクトリア女王は生涯喪服で過ごしたそうです。
二人の間の愛情をうかがえるようなお話です。

その頃王室の花嫁は金糸銀糸を使った
絢爛豪華なドレスを身に纏うことが通例で
結婚式の後には外出着としても着用されていたそうです。

ところが、

女王が自身の結婚式で身に纏ったのは
純白のウエディングドレスに
レースのベール、
そしてオレンジの花のブーケでした。

さらに、その純白のウエディングドレスはシルクのシンプルなもの。
イギリスの養蚕農家で作られたシルクが使われたそうです。
ベールのレースもホ二トンレースと呼ばれるイギリス産。

女王は愛する夫アルバートへの誓いと
イギリスの国内産業発展の願いを
その純白のウエディングドレスに込めたといわれます。

ヴィクトリア女王とアルバート王子の結婚式の様子は
雑誌や新聞でも取り上げられて、
翌日のタイムズ紙は3万部も売れたそうです。

この女王の純白のウエディングドレスが
憧れとなり白いウエディングドレスが
世界中に広まっていきました。

英国のウィリアム王子とキャサリン妃の
結婚式の頃にも、このこと書いてましたが、
最近もう少し分かったことを加えてまとめてみました。

結婚式のファッションだけでなく、
歴史や思想に興味深いものがありました。

白いウエディングドレスとライティングブーケ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)