クラダリングとクラダリングにまつわるお話

クラダリング(claddagh ring)は王冠とハートをデザインした指輪。

リングの部分は友情、王冠の部分は忠誠、
ハートの部分は愛を象徴している
アイルランドに起源をもつ指輪です。

クラダリングにはその指輪にまつわる幸せなお話があるそうです。

16世紀、アイルランドのクラダ村に住む
結婚を目前に控えた青年が海賊に
連れ去られてしまいます。
青年はムーア人の奴隷となり、そこで
指輪を作る技術を身につけ、すばらしい
指輪を作るようになります。
後年、青年はようやく生まれ故郷に帰る
ことができます。そして、故郷ではかつて
の婚約者がまだ結婚をせずに待っていた
のです。
青年はすぐに自ら作った指輪を彼女に贈り
2人はめでたく結婚したというお話です。

クラダリングにもデザインされているハートの形。
今、指輪に関する本を読んでるのですが、
ハートの形って昔昔から使われてるんです。
このことにも興味をそそられている今日この頃です。

ウェルカムボード手作りハートシャワーを使って2

クラダリングの写真があればよかったのですが、
あいにく持っていないのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)