甘酒は夏の季語

毎日毎日暑い日が続きます。
台風が近いせいか、かなり蒸し暑い。

南国生まれ、育ちで、夏が好きな私ですが、
このところちょっと夏バテモード。

食欲が少し落ちて体重も落ちて、
やった!と思ったりもしましたが
これでは悪循環なので、
薦めてもらった「飲む点滴」
甘酒を飲んでみることにしました。

実は私、甘酒はちょっと苦手・・・と思っていたのですが、
久しぶりに飲んだら、全然抵抗なくいけました。

冷やし甘酒

私は冷たい方が飲みやすい。
パワーアップ!するかな。

今日はご注文いただいていたウエディングアイルランナーの発送準備や
結婚相談所(アムズブライダル)のご相談などなどいたします。
がんばります。

ところで、甘酒って夏の季語なんですと!
昔の人も夏バテに悩まされていたのでしょうか。

After 山鉾巡行

ちょっと用事で四条に出かけたら、
ちょうど大船鉾が通り過ぎていきました。
24日は祇園祭の後祭りでした。

巡行終わって、通りにふと目をやると、
信号機の向きを一斉に変更されてました。

四条通りの信号機は巡行中は90度向きを変えて、
道路に飛び出さないようになっているんです。

その信号機にヒョイッとロープをかけて

祇園祭りの後信号機1

グイーンと引っ張って

祇園祭りの後信号機2

いつもの向きになりました。

四条通り沿いで一斉にこの作業が行われていました。
こんな光景は初めて見ました!

暑い中皆様お疲れ様です。


ウエディングアイルランナー

アイルランナーとは、結婚式で新郎新婦が歩く通路に敷く敷物のことです。
最近では、挙式直前にさっと広げる演出としてだけではなく、
アイルランナーに記念日やお名前、好きな言葉をプリントしたり、
新郎新婦おふたりの歩んできた道を歩くように思い出の写真を
プリントされるなど、さらに多彩な演出のひとつになってきています。

このアイルランナー。
弊社アムズのスタート以来のロングセラー商品です。

昔私が友人の結婚式に参列した時、アッシャーのふたりがバージンロードを
サササッと広げていったのがとても印象に残っていて、
私自身がプランナーをしていた時に探してみたものの、日本では見つからず、
結局アムズでウエディングアイルランナーを製作・販売することにしたのです。

まずは、アメリカの友達にアメリカで販売されているものを送ってもらい検討しました。
生地は変更した方がいいけれど、どれにしたらいいのか、
どうやって長さを測って巻き上げるのか、ベルを付けたらどうか、
などなど工夫を重ねて完成したのがアムズのウエディングアイルランナーです。

製作、販売を始めた頃には「アイルランナー」と言っても認知されていなくて、
インターネットで「アイルランナー」と検索すると、
「もしかして・・・」と検索間違いではありませんか?
の表示が出ていましたが、今ではもちろんそんなことはありません。

先日は販売開始以来ずっと弊社のウエディングアイルランナーをお使い下さって
いる大阪のレストランさんからこれまでで一番たくさんのご注文をいただきました。

また、信徒さんの結婚式があるとのことで、1年ぶり位にご連絡下さった先生もいらっしゃいました。

発送の作業をしながら、ずっと使い続けて下さって本当にうれしいなと思っていました。
ありがとうございます。

最初はいろいろ大変だったけど、
作り始めて本当よかった!

ウエディイングアイルランナーについてはこちらをご覧ください。
↓↓↓
http://www.ams-kyoto.jp/runner_toppage.htm

ウエディングアイルランナープリント人気のローズフレーム

ワンポイントのプリントで人気なのは
このローズフレームです。

完熟待ち

京都はこのところ毎日のように夕方になると
雷ゴロゴロすごい雨です,
最近の雨は尋常でないですね。

さて、今年もベランダでミニトマト育てています。

ミニトマトまだ青い

実がなってから赤くなるまで結構時間がかかります。
完熟の頃をじっと待っております。

水をやったり、肥料をやったりしながら
背が伸びて、花が咲いて、実がなって・・・
で、もう少しまた待たないといけないですけど、
成長はうれしいです!

夏越天神

事務所の近くに北野天満宮があります。
毎月25日は天神さんの市が開かれていますが、
6月25日は夏越(なごし)の天神さんと呼ばれます。

あいにくのお天気で、いつもより少な目の人出でしたが、
それでもたくさんの方が来られてました。

天神さん20170625

夏越の天神さんでは楼門に大きな茅で作った輪が掲げられ、
「大茅(おおち)の輪くぐり」が行われます。
暑い夏を控えたこの時季に行われる健康と厄除け・無病息災の祈願です。

この大茅の輪は参拝の方々がこの茅を少しいただいて
小さな輪を作ってお守りにするために持って帰ります。
遅い時間に行くと、楼門の大茅の輪はその原型をとどめていません。

お昼頃に行ってみたらこんな感じ。
手の届かない上だけが残ってました。

北野天満宮大茅の輪

本殿前にも茅の輪があり、たくさんの方が並んでくぐっておられます。
くぐりぬける順番や唱える言葉もあるんです。

茅の輪くぐり

これから暑さも本番になります。
みなさま健康でありますように。